男のドォルハウスと名付けたノスタルジックなドールハウスを製作されている男のドォルハウス杉山武司さん。
もともとは、好きだった車やバイクの模型に合わせた雰囲気の建物模型として作り始めたのだそうです。
中でも新十津川駅をモチーフにした作品は地元でも注目を集めています。

今回は実行委員として、地元での開催へ向けて色々と活動してくださっています。

また、21日にはワークショップもあります。
詳細・お申し込みはワークショップのページへ!

このページをシェア